「セツ先生を忘れない」展 ぶじ終了しました



11月29日からギャラリー自由が丘で開催された「セツ先生を忘れない」展が
昨日、ぶじ幕を閉じました。
期間中お越し下さった方々、ほんとうにどうも有り難うございました。





右は阪口笑子さんの描いた、大原漁港のスケッチ旅行の絵。
笑子さんの絵はいつも自由で無邪気で、それでいてどこか胸がきゅんとなるようなところがあります。



大好きなセツ・モードセミナーのロビーを描いた私の絵。
ここで休憩時間にコーヒーを飲んだり、ぼんやりしたり、友人とお喋りをして過ごしました。



セツの中庭も大好きだった場所。
課題の入ったカルトンを抱えた女の子を描きました(右)。



あとはオリジナルの切り絵作品を3点ほど。





メグ・ホソキさんが描いた長沢節先生の絵。
この絵の通りとてもセツ先生ってとてもお洒落でチャーミングだったんです。




中村幸子さんの風景画。
おおらかで色彩豊かな幸子さんの絵は、在学中の頃からの憧れです。



井筒りつこさんの人物画の壁面。
ペインティングで描かれた凛とした佇まいの人物がすてき。




ごとうえみこさんと水上多摩江さんの作品はうまく撮れなかったのですが
えみこさんが描いた「セツ先生が好きだった映画」の躍動感あふれるイラストも、多摩江さんの繊細な銅版画も、
それぞれにセツ先生への想いを個性的に表現していらしてすてきでした。



2007年の12月に個展をして以来、とても久しぶりの展示でしたが
たくさんの来場者の方とセツのことや絵のお話ができてとても楽しかったです^^


お誘いくださった阪口笑子さん始め、スタッフや参加者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございました。

「セツ先生を忘れない」展のお知らせ





11月も残すところあと僅か、だんだん秋も深まってきました。
ここ最近はご近所の井の頭公園の紅葉が色鮮やかで、もうとってもきれいです。
風が吹くとはらはらと上から赤や黄色やオレンジの葉っぱが舞い落ちてきます。



さて、今日は明後日から始まるグループ展のお知らせです。



「セツ先生を忘れない」展

・日時:2017年11月29日(水)〜12月5日(火)11:00〜19:00

・参加イラストレータ
 阪口笑子/メグホソキ/中村幸子/ごとうえみこ/水上多摩江/井筒りつこ/高田理香

・場所:ギャラリー自由が丘 
    東京都世田谷区奥沢5-41-2 アトラス自由が丘ビル1F Tel 03-6715-6551





参加する7人は皆、今年の春に閉校した「セツ・モードセミナー」の卒業生なのですが、
それぞれに絵のタッチが全然違っていて個性的なところが
いかにも自由の学校セツ出身という感じで面白いなあと思います。

在籍していた時代も年齢も、ばらばらなのですが、
今は絵本作家としても精力的に活動する阪口笑子さんの発案でこの企画が実現しました。


セツ・モードセミナー長沢節先生への想いをテーマにした絵を最低1枚と、
あとはそれぞれ自由に、、、ということで、
私は大好きだったセツ・モードセミナーの建物の、中庭とロビーの絵を描きました。
展示作品は一人4点ほどの予定ですが、なかなか珍しい顔ぶれなので
私もいまから参加者の皆さんの絵を見るのが楽しみです。


セツ・モードセミナー出身の方もそうでない方も、
よろしければ自由が丘を散策がてら遊びにいらして下さい。

台湾旅記#01





9月の終わりに、ひょんなことから友人の遅い夏休み旅行に同行することになり、
初めての台湾へ3泊4日の旅をしてきました。


急に決まったこともあって終始めまぐるしい旅で、
予想をはるかに超える暑さ!にすっかりバテてしまった私。
いつもの直感も働かず、目的地までの方向を幾度となく間違えましたが・・・(涙
日本に戻ってみるとたった4日間の出来事がものすごく濃厚な南国の気配とともに
可笑しくて懐かしく温かいものとして心に残っているからふしぎです。
  






友人のたっての希望で、着いた翌日は早起きして台南へ日帰りで行ってきました。
新幹線から在来線の沙崙線に乗り換えてようやく到着した台南駅(なぜか横から)。
外は青空、気温は37度くらい!
(ようやく秋風が吹き始めた東京から、ふたたび真夏に逆戻りでした、笑)




駅舎のよこにあった周辺の地図。
素朴で凝っていて見ていてほっとする愛らしさです。






台北でも台南でも、街路樹にこのガジュマルの大木が多く使われていて、
ゆらゆらとおびただしい数の気根を垂らす雄大な様子に目を奪われました。
ほんとにすごいスケール!
亜熱帯地方はさすがに生えている草木が東京とはぜんぜん違っていて、それだけでも楽しかったです。




台南の美しい旧跡「赤かん楼」の本殿2階からの眺め。
ここは、クーラーとおいしい火鍋を求めて入った「奉茶」の親切なお兄さんに教えてもらいました。
「奉茶」のお茶も火鍋もとても美味でした。




こちらも「赤かん楼」からの眺め。
夕暮れ時に、ちょうど涼しい風が吹いてきてなんとも言えない心地よさ。
東京では決して味わえない古き良き南国の風情にうっとりのひととき・・・







ぷらぷらと街歩きがてら林百貨店まで、、、のはずが、
灼熱の炎天下では少し歩くだけですっかり疲れ果ててしまいました、笑。

こちらはその道すがら、度々目にした光景。
飲食店はどこもこんな風に歩道にテーブルと椅子を出していて
お昼や夕方になると、暑さをものともせず地元の人たちはわいわいとお茶したりご飯食べたり・・・
おいしそう、楽しそうでした。






「阿田水果店」でいただいたカットフルーツ。
ざっくりと大胆にカットされたメロンにパパイヤ、パイナップル、キウイ、マンゴーがからだに染み入るおいしさでした。
後ろの席では学校帰りの男の子たちがゲーム片手にフルーツをつまんでいて、
そんなふうにとびきり新鮮なフルーツが食べられるなんていいなあと思いました。
あのとき、お腹いっぱいだったけれどジュースも飲んでおくべきだった・・・
ぜったいに美味しかったに違いない〜・・・と今ごろ悔やんでいます、笑。




最初の画像は、台北龍山寺の大きなテーブルの上のお供えを描いたものです。
ピンクのお皿にお花や果物の色が映えてとってもきれいでした。
その時に、辺りいちめんに何とも言えないジャスミンに似たとてもよい香りが漂っていて、
なにかなぁ?・・・と探していると、お皿にのった白い大きなつぼみ“玉蘭”でした。
針金で丸く結ばれた白いつぼみと葉っぱ、、、ドライフラワーにしても良い香りがするらしいです。
次にまた行くことがあれば、今度は玉蘭を買ってホテルの部屋に下げておきたいな。



この旅の続きは、また折りをみて書いてゆきたいと思います^^

小説「天使と悪魔」シリーズの扉絵


9月になってから夜の風が少しずつ秋の気配を帯びてきました。
実は、8月の終わりに引越をしたのですが、まだ部屋のなかの整理が追いつかず雑然としたままです。
はやくすっきりと心地よい空間に整えたい・・・!と日々思いながら
レイアウトに頭を悩ませています。





「小説 野生時代」10月号で赤川次郎さんの人気シリーズの連載が始まり、
その扉絵を描かせて頂きました。


まだ駆け出しのイラストレーターだったころ、
女性誌に連載されていた赤川さんの小説に挿絵を描かせていただいたことがありました。
その頃のこと、、、すっかり記憶の中から抜け落ちていましたが
今回一瞬にしてあれこれと思い出して、むしょうに懐かしくなりました。
あの頃熱心に通っていた日仏学院
そのまま続けていたら、今ごろフランス語もかなり喋れるようになっていたかしら・・・とか。
(たぶん、そうはならなかったでしょうけれど、笑)


今回の物語、
主人公のマリは16、7歳くらいの女の子(実は天国から研修にきている天使なのだそう)です。
これから1年間続きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

「CLUB MITSUBISHI ELECTRIC」のしごと(2)














9月から1ヶ月間、ふたたび三菱電機の会員制サイト「CLUB MITSUBISHI ELECTRIC」のTOP ページのイラストを担当させていただきました。
今回は冷蔵庫を描いています。
このイラストレーションはいくつかのサイトや携帯待受画面になるので、何種類かのフォーマットを作ります。
上の画像は正方形に近いもので、下の画像がメインとなる横長のもの。
こちらでは夫婦?パートナー?の男性が登場します。



下記のサイトから見ることができますので、よろしければぜひご覧下さい。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/index.html



このイラストレーションを描くにあたって、久しぶりに家電量販店の冷蔵庫コーナーを見てきましたが、
デザインや色の傾向が数年前とはずいぶん変わっていてびっくり・・・!でした。
ちょっとキラキラの入った渋めのピンクとか、ダークブラウンのものをどこのメーカーでも作っていて。
私はいまだに冷蔵庫や炊飯器や洗濯機をえらぶときは、俄然「白」(アイボリーまでは許容範囲)派なので、
そういうのを好む人って全体から見たらやっぱり少数派なのかなー、と。
「白」いものもあるのですが、なんとなーく細かいラメ粒子みたいなのが入っていたり蛍光っぽいまぶしい白だったり。
なぜ?・・・ってとっても不思議でしたが、
時代と共にどんどん進化してゆく家電デザイン、なかなか興味深かったです。


ちなみに今回描いた冷蔵庫の色は“シャンパンロゼ”というものです。
でも、こうして絵に描いてみると、こういう色も悪くないかしらと思ったり。笑
全体的にどことなく秋の初まりを感じられる色調にしたかったので
ふと見かけたときに、秋の気配を感じて頂けたらいいナ・・・と思います。

サクランボの季節









この季節は、スーパーや八百屋さんに並んでいるサクランボがぴかぴか輝いていますね。
その愛らしい色とかたちが大好きで、つい目が惹きつけられます。


先日、目の前で100円引きセールが始まったサクランボをうんと得した気分で買って帰り、
冷蔵庫で冷やしたあと器に盛ってみたら、
その、あまりのかわいらしさに絵を描きたくなりました。


Rorstrand(ロールストランド)の葉っぱをモチーフにした器はふだんはあまり使う機会がないのだけど、
サクランボを盛ったら、深いグリーンがいつも見るよりもぐっと色鮮やかになって、
サクランボの朱色もひときわきれいに見えました。

HPの更新など






7月になりました。
HPの「Work」のページをすこし更新しています。
topページの文字や画像も少しずつリニューアルしていますので、
よろしかったら見て下さい。

http://www.ricatakada.com



今日は七夕ですが、夜は星を見ることができるでしょうか。
この時期はいつも曇っていたり雨だったりすることが多いような気がします。



満月も近くてさいきん月がぴかぴか輝いて見えるので、今夜は夜空が晴れますように。