6月に咲く花












instagramを見て下さってる方はご存知かと思いますが
この6月、なんとわが家のサンスベリアに初めて花が咲きました!


わが家にはサンスベリアの鉢が2つあって、
ひとつは吉祥寺のローズベーカリーで買った小振りのもので、
その後すぐに千葉の市川へ所用で行ったとき駅ビルでまったく同じものが半額で売られていて、
一瞬、(総武線で川を超えるだけでこんなに値段が違うものなの、、、と)がーんとなったのだけれど、
悔しいからかお得だからか?・・・自分でもよくわからない心理でそこでも買いました。


そうしてわが家にやってきた2鉢のサンスベリア
この3年黙々と部屋の空気をきれいにしてくれていました(あくまでもイメージです)。


それが今年の6月に、片方の鉢の株の真ん中からとつぜん見慣れない花芽が出てきて、
毎日ほんとうにゆっくりと少しずつ伸びて、ついに花開いたのでした。


初めてのことってどんな些細なことでもなんだかわくわくしちゃうもので、
花芽を見つけてから花開くまでのあいだ、いったいどんな風にいつ頃咲くのかしらと、
小学生の朝顔観察のごとく毎日飽きることなく眺めていました。



サンスベリアの花は夕方頃からゆっくりと開き始めて、
夜になると全開で花びらをくるんとそり返して、元気いっぱいに咲きます。
そして辺りいちめんになんともいえない甘い果物の混ざったようなよい香りを放ちます。
それは今まで嗅いだことのある、どの香りとも違っていて、
どこかの植物園の熱帯植物の生い茂る温室を歩いているときとかに
嗅いだことがあるような、、、そんな匂いでした(むー、例えるのが難しい!)。



同じ環境でほとんど放ったらかしというのも一緒なのに、なぜ片方の鉢だけ花が咲いたのでしょうか?
もう一方のサンスベリアも新芽がどんどん出てきて元気いっぱいですが、
花を咲かせる気配はまったくナシ!なのです。不思議です。



サンスベリア花言葉を調べたら「永久」と「不滅」だそうです。
なんとも力強くて頼もしいお言葉…!なのでした。